馬単フォーメーションdeダート

(ほぼ)1日1レース資金4000円程で勝負します。馬単フォーメーションしか買いません。

浦和11R しらさぎ賞の予想

f:id:umatandedirt:20210512084537j:plain

おはようございます。
本日は浦和競馬場しらさぎ賞が行われます。
浦和と言えば、長らく地元を引っ張ってきた繁田騎手が調教師転身のため3月で引退となりました。
今でこそ小久保厩舎を筆頭に浦和馬の活躍は目覚ましいですが、一昔前までは浦和馬というだけで消し、みたいな時代が普通にありました。
そんな不遇(地元に良い乗り馬がいない)中でも、他場からの依頼は多く、毎日のように南関で競馬に乗っていた繁田騎手。
願わくば小久保厩舎と強力タッグを組み、「チーム浦和」での席巻も見たかったですが、こればっかりは色々と事情もあるでしょう。
月並みですが、調教師としての活躍を祈っております。

◎ダノンレジー

浦和に移籍してきて下級条件にいた頃から注目していた逸材が、年末の大井で待望の重賞初制覇。
その後、川崎の2100交流重賞で長めの距離を使ったと思いきや、当レースに向けて大井1400を試走。
この辺りのレース選択はさすがの小久保師。
大井が最も合うコースとは思うが、地方馬同士のこの相手なら浦和でも負けられないところ。
不安は斤量くらい。

○ヴィルトファン

昨年の2着馬。
中央時代は1200専用だったけど、南関では1400も問題なし。
叩かれつつ調子上げてきて前走で1年振りの勝利。
ダノンより前での競馬となるはずで、一泡吹かせる可能性なら小回りで有利な脚質含めてこの馬かも。

▲アクアリーブル

前走5着ながら上位2頭には2秒以上離された。
母アスカリーブルも3歳の時に重賞5勝したものの、古馬になってからは手薄な組み合わせの水沢で一つ勝ったのみ。
成長力に疑問も残すが、ここなら3番手には評価したい。

馬券は馬単フォーメーション
◎↔○
各1200円
◎○→▲
各600円
計3600円

#ダート#予想#ブログ#馬単#フォーメーション#浦和競馬場しらさぎ賞